私にとって一番大切な終活はお金のこと

私が終活を意識しだしたのは50歳になってからで、きっかけは学生時代の友人の死でした。
同じ年の身近な人の死はやはりショックで、何が起きても不思議ではない年齢を意識しました。
友人の場合は長く闘病した末のことであり、途中には何度か普通の生活に戻れたこともありましたが、誰もが同じ経過を辿るわけではありません。
ある日突然にその日を迎えることも想定した準備が必要なことを痛感しました。

終活というと片付け物をイメージする方が結構多いのですが、最悪ガラクタだらけで死んでしまったとしても処理するお金があれば業者に丸投げすることも可能です。
さらに処分にお金がかかるのは大きな家具や家電類でガラクタ類はさほどでもありません。
もちろん不要な物は終活とは関わり無く処分していますし、極力物を増やさない努力もしています。

私の終活のメインは私名義のお金の管理です。
夫は元気ですし多分私より長生きしそうなので「家」のお金は心配ありません。
万が一、夫婦で一度に死んでしまったとしてもメインバンクは通帳があり、証券会社からは定期的に書類が送られて来るので、子どもたちはお金の所在がわかります。

心配なのは秘密主義な私のへそくりです。
夫婦といえども先のことはわかりませんから、私は私で少しずつ貯めたお金が400万円ほどあります。
遺産というには小さな金額ですがうやむやになっては困ります。
ところがこの預金は秘密保持のために全てネット専業銀行に預金しているので通帳がありません。
PCには連絡のメールが来ますが、そのPCもパスワードをかけているので私しか開けません。
困った末にノートに全ての預金と預け先6行のパスワードやIDを記録しました。
ただそうなるとこのノートの所在を誰かに伝える必要がありますが、夫に言うのは嫌なのです。
結局、遠くに嫁いだ娘に伝えて鍵付きの引き出しにしまい、その鍵の置き場所をさらに伝えるという面倒臭い方法に落ち着きました。
我ながら金額の割には大袈裟だと思いますが仕方ありません。

困っているのは実家の80歳を過ぎた母も終活を始め、捨てるには惜しいと思う物を我が家に運んで来ることです。
終活は自分の家の中で完結すべきで、私も娘や息子にガラクタを押し付けないように注意しようと思っています。