母親が終活で遺言を残しています

私は、父親が他界しています。
その為、母親が一人暮らしをしています。
その母親は、自分の兄弟がなくなった時、その遺産の事でもめたことがとても嫌だったと話していました。
そのことは、私が小さい時から聞いていたことです。
そのため、よく覚えています。

そのことは、母親の兄弟の一人が亡くなった時、とても嫌な思いをしたということなんです。
その兄弟と言うのは、結婚をしておらず子どももいません。
その為、遺産についてはその兄弟が相続をすることになるのです。
兄弟と言うと、身近な人だけと思っていました。
ところがそうでもないのです。

自分が知らない人も、その相続権利があることを知ったのです。
相続のことについては、自分が当事者にならない限り、そんなに意識をすることが無いですね。
私の場合も、その話を聞いた時、自分としては関係ないと思っていました。
しかし、現実としてあった話だと思った時、やっぱり母親が感じているように、遺言を残すことはとても大切だと感じています。

兄弟がなくなった時、両親がなくなり、結婚も子供もいない場合、兄弟で相続をすることになりました。
その時、いろいろなことが明らかになったのです。
それは、兄弟がほかにもいたということです。

自分の母親が再婚であったことを知ったのです。
そしてその再婚を前に、子供がいたことを知り、愕然としたのです。
相続をするにあたり、司法書士にそのことを依頼した時、初めて知ったのでした。
その後は、司法書士に任せたのですが、相当もめたらしいです。

自分が知らないことも、相続をする時に、明らかになることがあります。
その時、うろたえるのです。
そんなことにならないように、きちんと遺言を残すことはとても大切であると思っています。

ほとんどの人は、遺言を残すことをしません。
それはなくなった後のことは、あまり考えていないからです。
しかし、終活としてそのことが一番大切であると感じます。
兄弟や家族がもめないように、そのように行った母親はすごいと感じています。